ニューオリンズの才能溢れ過ぎる2組 Generationals 10月リリースのEPから「Lucky Numbers」の楽曲公開!

昨年仙台のインディーレーベル Moorworks からデビューアルバム「ACTOR-CASTER」をリリースした、ニューオリンズの才能溢れ過ぎるインディポップバンド Generationals 10月リリースのEPから「Lucky Numbers」の楽曲が公開!

久しぶりに楽曲というか音楽聞いて、コイツら才能溢れ過ぎて液体溢れてる!ヤバい過ぎるだろ!!的な楽曲聞いた気がする。この魔法のような永遠的なシンセは何か終らないでほしい。私は去年 Generationals の日本盤リリースを担当したんだけど、ハイプで Greenleaf の楽曲聞いて即効連絡取ったの思い出す。もう何か感覚で間違いないってのがあって、やっぱりスゴい才能あるんだなこのバンド。3rd アルバム?のタイミングで是非日本でツアーしたい。

今週の2冊「2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する」「武器としての交渉思考」

今週はこの2冊

「2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する」

2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する
英『エコノミスト』編集部 船橋 洋一
文藝春秋
売り上げランキング: 190

「武器としての交渉思考」

武器としての交渉思考 (星海社新書)
瀧本 哲史
講談社
売り上げランキング: 631

どんどん読みかけの本がたまっていきます。ずっと読みたいなと思っていた瀧本さんの本初めて読むんだけど超読みやすい。