Galileo Galilei × indienative!

海外インディー・ロックとの共振性の高い表情豊かなシンセ&ギターサウンド、どこまでもキャッチーなメロディ。大変革と覚醒を遂げた Galileo Galilei サウンドがここに誕生!

オリコンウィークリーチャート TOP10 入りを果たした2ndフルアルバム『PORTAL』を引っ提げて、2012年春に全国6か所で行われたワンマンライブツアー(ファイナルはZEPP TOKYO)以降、札幌の自宅ガレージを改造して作った『わんわんスタジオ』にて長期的な制作&実験期間に突入していた Galileo Galilei。『今まであまり聴かなかったジャンルの音楽を色々聴いたり、集めたレコードをサンプリングしたり、音楽理論の知識を深めたりしていた』というこの期間の中で誕生した新曲たちによるコンセプチュアルなミニアルバムが完成した。

9月に岩井郁人・野口一雅の脱退を発表した Galileo Galilei。バンドを再構築していく中で、オリジナルメンバーの三人(尾崎雄貴、佐孝仁司、尾崎和樹)が『今の自分たちが鳴らすべき音楽の形とは一体何なのか?』を突き詰め、前作『PORTAL』で掴んだ方法論を最大限に生かしながら『わんわんスタジオ』でのベッドルーム・レコーディングに挑戦し作り上げた今回の作品は、海外インディー・ロックの影響を色濃く反映させたクリエイティブなエネルギーと柔軟な実験精神や遊び心が息づくさらに進化したサウンドとなっており、バンドの今後にとっても大きな意味を持つ作品となった。

なお、初回生産限定盤のDVDに収録されるミュージックビデオは、尾崎雄貴が今回のミニアルバムを制作するにあたり書き下ろしたコンセプト・ストーリーを映像化した作品。ミュージックビデオからジャケット写真にいたるまでメンバーのこだわりとクリエイティビティが凝縮された、『Galileo Galilei』ファンのみならず初めて耳にするリスナーにとっても必須のマストアイテムとなっている。

Galileo Galilei × indienative >>