ドゥルーズの哲学原理 – 國分 功一郎

51ab4S05XQL

今日なお影響を与え続けるジル・ドゥルーズ(1925─95年)は、哲学史研究から出発し、独自の哲学を打ち立てたあと、精神科医フェリックス・ガタリと共著を生み出し、晩年には芸術論に取り組んだ。この稀有な哲学を貫くものは何か──多様な顔をもつ哲学者の方法と対象を精緻に分析し、その思想の核心と実践的意義を探る。

コメントを残す