2011年 夏、爽やかな夏を風を運んでくれる超期待のUSインディーバンド Generationals がニューアルバム “Actor-Caster” で日本デビューを果たす!Dr. Dog、The Spinto Band を輩出した名門USインディーレーベル Park the Van が次に送り出す才能溢れるモダンポップバンド!ニューオーリンズからサイケポップ、ネオアコを通過して花開いた極上のモダン&クラシックポップス。今年4月には Ra Ra Riot とのツアーを成功させ、5月は Dale Earnhardt Jr Jr、Oh No Oh My などとツアーを回るなど注目のバンドの登場だ!!!日本デビューアルバムにはボーナストラックには Ra Ra Riot の Remix を含む日本盤のためだけに用意された5曲を追加!スペシャル仕様にていよいよ明日リリース!!!カラフルな夏のメロディーが駆け抜ける。

Ten-Twenty-Ten by Generationals

Greenleaf by Generationals

13歳からの友達であるTed Joyner(テッド・ジョイナー)と Grant Widmer(グラント・ウィドマー)の二人は、その時からいつもバンドを作りたいと思っていた。「子供の時に2つの大きなきっかけがあった。1つは、9歳の時ニンジャ・タートルズのライブを見た時」とテッドが語る。「もう1つは、11歳の時にハード・デイズ・ナイトを見た時」。

5年間、大学時代に結成した明るいサウンドの Eames Era で演奏した後、二人は Generationals となる。陽気で頭を動かしたくなる音がきっと、バンドのデビューアルバム「Con Law」からの楽曲(ヒットシングル「When They Fight They Fight」を含む)が Reese’s(人気のチョコレート菓子)や Bloomingdales(大手のデパートメントストア)のTVコマーシャルで使用された理由だろう。「曲が使われた事によってちょっと影響はあるだろうね」とテッド。「その後初のフルアルバムだから、どうなるのか予想も出来ないよ」。「Greenleaf」は、弾むキーボードのイントロと前進するドラム、手拍子を持つきらきらした春の曲だ。少量の Vampire Weekend と少量の60年代ポップに、膨らむシンセと綺麗なハーモニーで層を重ねた感じだ。- SPIN

コメントをどうぞ