世界は考える Project Syndicate

51LY3xaLsWL

世界論調ーこの人選から未来を読む

ソロス、ゲイツ、黒田東彦をつなぐ。国際言論団PROJECT SYNDICATE 、2013年を洞察する強力論集を発表。豪華メンバーによる論考集『混乱の本質』(ソロス、スティグリッツ、トリシェ、ラガルドほか著、徳川家広訳、土曜社)につづく、プロジェクトシンジケート叢書の第二弾。現代最高の知性たちが、2013年の政治・経済のゆくえから社会までを鋭く洞察する。全23名の政策当事者・研究者たちによる圧巻の論考集がここに。

▼新しい協調が始まった――衆議院解散当日、ゴールドマン・サックス・アセットマネジメントのオニール会長が「ウィ・ウォント・アベ!」と題するリポートを発表▼24名の要人が各地で本書を執筆(安倍晋三首相のみ収録できず)▼総選挙で自民党が勝ち、第2次安倍内閣が発足▼スティグリッツ教授がダボス会議で「アベノミクス」を評価▼ヘッジファンドの巨頭ソロス氏が11月以来の円安で約930億円の儲けと米紙ウォールストリートジャーナルが報じる▼ラガルドIMF専務理事がG20で「(円もユーロも)適正な価値から逸脱していない」と論じる▼安倍首相が次の日本銀行総裁に、アジア開発銀行の黒田東彦総裁を指名……

※諸般の事情で、安倍晋三首相の論文は収録できませんでした。詳しい事情は、弊社ウェブサイトでご案内します(2/26)。

野中邦子さんが翻訳。ロバート・ヘンライ『アート・スピリット』や、アンソニー・ボーデイン『キッチン・コンフィデンシャル』『世界をくいつくせ!』など人気の野中訳で、世界最高峰の論文が読める。

Project Syndicate