世界経済とは?

時代が急ぎはじめ世界はどこに向かっているのかを考えるべく今一度世界に目を向けたいと思います。今考えると、リリースを重ねてきたアーティストの国のこと、文化のことも もっと学ぶべきでした。では世界経済を垣間みる3冊をピックアップしてみます。

まずは日本の目先の問題とされていた TPP (環太平洋戦略的経済連携協定) についての本「TPP亡国論」

そして次は海外のファンドの本、これは国家破産問題について知るために海外のファンドはどうなっているのか?と知るための間走的な本です。丁度本屋さんに並んでいた「ほったらかし海外ファンド成功法」という本を手に取ってみました。

そして決めてとなる 仕上げの本に巨匠アルビン・トフラー博士の「富の未来 上下」をチョイスしてみました。WIRED大学 新・教養学部必読書 ワイアード文化 3位にも輝いた本です。

この3冊を網読していきます。

コメントをどうぞ